シャンプーの成分は、90%以上が水と洗浄剤で構成されています。
手触りの大部分は洗浄剤の配合率で決まると言っても過言ではありません。
長年の経験によるベストな配合率で、髪に優しいシャンプーをご提供しています。

 
アミノ酸、ベタイン系洗浄剤
 髪と同じアミノ酸由来の洗浄剤であるため、髪に必要な油分を取りすぎず、穏やかに洗い上げます。
アミノ酸系界面活性剤は「低刺激」の洗剤として昨今注目される陰イオン界面活性剤です。
「生体適合洗剤」とも呼ばれており、サロン専売品のシャンプーなどに配合されています。
低刺激性のアミノ酸系シャンプーは、敏感肌の方でも安心して洗浄が可能です。
またダメージヘアのダメージ進行を抑制。

《毛髪改善作用》毛髪アミノ酸Mix(プロデュウ)
カラーやパーマなどで、髪の水の通り道であり水分を溜める働きがあるCMC細胞膜複
合体が壊れ、ツヤや潤いがなくなり、いわゆるダメージヘアになります。
その壊れたCMC細胞膜複合体に近い働きをしてくれます。
PCA-Na,乳酸Na,PCA,グリシン,アラニン,セリン,バリン,アルギニン,アスパラギン酸,
プロリン,トレオニン,イソロイシン,ヒスチジン,フェニルアラニン

《毛髪補修成分》セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解
18-MEAは、毛髪に最も多く含まれる脂質(脂肪酸)で、キューティクルの外側に位置し、
 美しい健康な髪を形成するのにとても重要な役割をもつ成分と言われています。
ブラッシング、ドライヤー、カラーリング、パーマ、紫外線、排気ガスなどで18-MEAは、
常に痛めつけられています。それを補う目的に配合しています。
キューティクルに浸透するためにナノ化されています。

《毛髪補修作用》ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)
「ペリセア」は、1分間程度の極めて短い処理時間で毛髪内部に浸透し、
なおかつ毛髪表面をコートする、毛髪ダメージを内と外から補修する事ができる成分です。
残存性に優れたこの成分は、一度吸着するとシャンプーなどでも流れにくく、トリートメント
効果の持続性が高まります。

加水分解(水を加えて分解され分子が小さくなっている)エキスが、キューティクルに吸着、
または浸透しやすくなっており、毛髪のダメージケア・補修力を高めています。


 


 
© 2015 spica Co., Ltd. / support FaceUpJapan Co., Ltd.